電話・メールでのお問い合わせはこちらから

会社設立サポートの料金

会社設立の料金が安くなります!

どうして自分でするよりも安くなるの?

その理由は、「定款(ていかん)の電子認証」です。
定款印紙代はもともと4万円しますが、定款の認証を電子認証にしオンラインで提出すると、この定款印紙代4万円が不要になります。

これだけでも、自分で設立するよりお得ですが、当サポートではさらに、弊所の税務プランに加入のお客様の手数料を無料にいたします。 ⇒弊所の税務プランについてはこちらをクリック

つまり、電子定款分の40,000円が丸々浮きます。

会社設立時は、何かとお金がかかります。少しでもお安くなるように、会社設立はご自分で手続きせず、当サポートにお任せください!

株式会社の設立にかかる費用

株式会社設立費用比較 株式会社設立費用比較 株式会社設立費用比較
合同会社の設立費用はこちら

(1) 登録免許税

法務局へ納付します。一番負担の大きい費用であり、通常は15万円です(資本金が2140万円以上だと、資本金の0.7%となり、15万円よりも高くなります)。

(2) 定款認証代

公証人役場へ納付します。定款認証代5万円のほか、定款謄本料約2千円が必要です。

(3) 定款印紙代

公証人役場へ納付します。定款を紙面で提出する場合は4万円かかります(電子定款をオンライン提出するとこの4万円は不要です)。

(4) 当サポートの手数料

まず、当サポートにて会社設立をした場合、定款印紙代4万円は不要です。
会社設立後、弊所の税務プランに加入しない場合は、設立手数料として35,000円頂戴いたします。会社設立後、税務プランに加入していただける場合は、設立手数料もいただきません。

株式会社設立費用比較

合同会社の設立にかかる費用

株式会社設立費用比較 株式会社設立費用比較 株式会社設立費用比較
株式会社の設立費用はこちら

(1) 登録免許税

法務局へ納付します。株式会社出は15万円でしたが、合同会社の場合は通常6万円です(資本金が857万円以上だと、資本金の0.7%となり、6万円よりも高くなります)。

(2) 定款認証代

株式会社の定款認証代は5万円ですが、合同会社の場合はこの費用は不要です。

(3) 定款印紙代

公証人役場へ納付します。株式会社の場合と同様、定款を紙面で提出する場合は4万円かかります(電子定款をオンライン提出するとこの4万円は不要です)。

(4) 当サポートの手数料

まず、当サポートにて会社設立をした場合、定款印紙代4万円は不要です。
会社設立後、弊所の税務プランに加入しない場合は、設立手数料として税込38,500円頂戴いたします。会社設立後、税務プランに加入していただける場合は、設立手数料もいただきません。

株式会社設立費用比較