電話・メールでのお問い合わせはこちらから

株式会社と合同会社
会社設立するならどちらがいいのでしょうか?

選べる会社の法人格は4つ

法人を設立しようとするとき、合名会社・合資会社・合同会社・株式会社の4つ法人格の中から選択することが出来ます。
このうち合名会社と合資会社は、無限責任であり、会社が倒産した際には全損失を被る必要があるため、 ほとんどの方が有限責任である合同会社か株式会社を選択します。

株式会社 合同会社 合名会社 合資会社
有限責任

会社が倒産した際には
社長が全損失を被る必要がない

無限責任

会社が倒産した際には
社長が全損失を被る必要がある

ここでは合同会社と株式会社の違いをご説明いたしますので、お客様の方針に則した会社形態のご選択にお役立てください。

株式会社と合同会社の違い

株式会社と合同会社は、大きく4つの点で違いがあります。

株式会社 合同会社
①会社設立費用 高い(約20万円~) 安い(約6万円~)
②信用度 しっかりした印象を与えやすい 知名度がなく低めの傾向
③社長の肩書き 代表取締役 代表社員
④将来の成長 規模拡大に向いている 家族経営に向いている

①会社設立費用の違い

会社設立に必要な費用のうち、登録免許税と定款認証代については、株式会社に比べて合同会社の方がお安くなっております。 合計すると、合同会社の方が株式会社より14万円ほどお得に設立登記可能です。

②信用度の違い

合同会社は2006年から認められた新しい会社の形ですので、歴史が浅く、知名度もまだまだ低めです。
また、設立費用を節約しているように見えるので、株式会社よりもお金をかけていない印象を与えてしまう可能性もありますし、 後ほど書きますが、合同会社は外部からの出資を受けにくい会社形態ですので、将来的に大きくなりにくい印象を与えることもあります。

店舗名をかがげる飲食店や美容院などのように、一般消費者を対象とした会社では、取引相手に与える印象をそれほど気にする必要はないかもしれませんが、 会社間取引を主とした会社では、相手先に与える信用度の印象が低くなってしまう可能性は考慮しておくべきだと思います。

また、将来融資を受ける際に金融機関に与える印象という点では、現在のところは差が出てしまうことは事実です。

③いわゆる「社長」の肩書の違い

株式会社の場合、会社のトップは「代表取締役」と呼ばれます。一方、合同会社の場合、経営権のある役員は「社員」と呼ばれ、その中の代表ということで「代表社員」と呼ばれます。 「代表社員」というよく知られていない肩書よりも、「代表取締役」という肩書にひかれて株式会社をご選択される方も多くいらっしゃいます。

④将来の成長の違い

会社の仕組みの違いから、株式会社は将来拡大しやすく、一方合同会社は家族経営に向いている、といわれています。
少し難しい話になりますが、その理由について以下にご説明しておりますので、ご興味がございましたらご一読ください。

根本の違いは出資者の扱い

資本金を出資した出資者の扱いに違いがあることが根本的な違いです。
株式会社の場合、出資者(株主)は、重要な意思決定についてのみ株主総会などで議決権を行使し、経営に関しては取締役などに一任する形を採っています。 一方、合同会社の場合は、出資者であれば、原則会社の役員として経営に参加することになります。

出資者の権限保護と経営判断の自由度

株式会社の最終的な決定権は株主にありますので、経営者による組織運営の自由度は低くなります。 一方、合同会社では、出資者と経営者は同一ですので、組織運営の自由度が高いというメリットがあります。
創業当初は、会社規模も小さく、どちらを選択しても大差はないかもしれません。 しかし、規模が大きくなり、出資者が増えてきますと、組織運営の自由度の違いを感じることになります。
スピーディな経営を実現できるのは合同会社ですが、のちに述べるように合同会社では社員間でトラブルが起きやすくなるというデメリットもあります。
余談ですが、スパーマーケットの西友や、パソコンやスマホのアップルジャパンは、スピーディで自由度の高い会社経営ができるという利点を重視して、合同会社の形態を採用しています。

将来的な拡大性を望むなら株式会社がお勧め

将来会社規模を大きくしていきたいなら、株式会社がお勧めです。
出資者(株主)の権限が守られている株式会社では、外部からの増資が見込めますし、 出資者と経営者が明確に分かれるので、トラブルが起きにくいからです。
一方、合同会社では、出資者を保護するという概念がもともとないため、外部からの増資は難しくなります。 また、外部から出資があったとしても、出資者は同時に対等な経営権を持ちますので、経営者の間でトラブルが起きやすくなります。 したがって、合同会社の場合、株式会社よりも会社規模を大きくしにくいというデメリットがあります。

株式会社と合同会社、どちらがいいでしょうか?まとめ

  • とにかくお得に会社を設立したい方は合同会社
  • 合同会社という形態は、役員が社長一人の場合など将来的にそれほど大規模にしない会社や、トラブルが起きにくい家族経営に向いています。
  • 株式会社という形態は、会社間取引を主としている会社、融資を考えている会社、将来規模を大きくする会社などに向いています。