電話・メールでのお問い合わせはこちらから

税務顧問プランのご紹介

開業時こそ税理士が必要です

~記帳申告丸投げプラン~

開業当初から税理士が必要な理由

  1. できるだけ早く軌道に乗せることが事業成功の秘訣。
  2. 記帳を丸投げできますので、本業に集中していただけます。
    実務面・費用面の負担の少ない特別なプランをご用意しています。

  3. 節税のアドバイスが受けられる。
  4. 二年目以降、税金のインパクトはかなりのもの。決算前検討会で節税対策を検討します。

  5. 適正な申告が大切。
  6. 年数がたったころ税務調査が入り、過去にさかのぼって追徴課税、延滞税を取られるケースもあります。
    指摘事項に該当しないか、毎月税理士がリスクをチェックするから安心です。

  7. 赤字では続きません。利益の出せる会社に成長してほしい。
  8. グラフや表を多く使い、見やすさ・わかりやすさを重視した経営分析レポートを毎月送付いたします。

  9. いつでも相談できる安心感。
  10. 経営者になるとお勤めのころと違って、孤独になったり、不安を感じたりすることが多くなります。
    税務会計のプロにいつでもご相談ください(メールでのご相談になります)。

記帳申告丸投げプランについて

  • 料金を極力抑えたい中小企業様向けの税務顧問プランです。
  • 記帳と決算申告を弊所にお任せしていただくプランとなっております。
  • 中小企業様にとって最低限必要と思われる記帳と税務申告サービスに特化し、低価格を実現しております。

記帳申告丸投げプラン料金

月額報酬23,000円

決算報酬92,000円

月々23,000円で記帳を丸投げ!決算申告は、92,000円ですべてお任せください!

※金額は税抜きです。
※創業初年度または売上3000万円未満のお客様に限ります。

記帳申告丸投げプラン内容

<毎月>記帳の丸投げ

<毎月>経営分析レポート

決算申告

決算前検討会

<いつでも>メールでのご相談

給与・年末調整などのオプションプランあり

オプションの給与プランについて

お一人当たり月額2,000円で、毎月従業員様の給与を計算し、給与明細書を作成します。また、12月には年末調整を行い、各市町村への届出や法定調書の提出も承ります。「記帳申告丸投げプラン」にご加入いただいた方限定のプランです。

How to 記帳丸投げ

資料を送っていただいてから、弊所で帳簿を作成するまでの流れを簡単にまとめました。

STEP1「丸投げファイル」に資料をためてください

消耗品を購入した時のレシート、光熱費の領収書、取引業者からの請求書、売上表、通帳のコピー、クレジットカードの入金明細表・・・お金に関する資料をなんでもまとめて、通称「丸投げファイル」にためてください。
とにかくためるだけなので、とても簡単です。

STEP2丸投げファイルを郵送してください

資料が一か月分たまったら、丸投げファイルを郵送してください。
資料はすでにファイルにまとまっていますから、ファイルを一冊送るだけでOK。資料の整理も要りません。

STEP3弊所で帳簿を作成します

丸投げファイルが届きましたらすぐに帳簿を作成いたします。
ファイルにまとまっているから、弊所の作業効率もアップ!お待たせせずに次のステップへ!
頂いた会計資料は、確定申告完了までお預かりし、1年分を製本したうえでお客様にご返却いたします。

STEP4レポートを送ります

帳簿の作成が終わったら、残高試算表(貸借対照表と損益計算書)と「経営分析レポート」をお送りします。
試算表は数字の羅列ですが、「経営分析レポート」はグラフや表が多く、見やすさ・わかりやすさを重視していますので、毎月の経営状況を簡単に確認できます。

丸投げファイルってどんなもの?

丸投げファイルとは、会計資料の回収を簡単に行うための画期的なツールです。

毎月のレシートや売上表などの会計資料をためておくポケットタイプのクリアファイルとなっています。一か月分の資料がたまったら弊所に送ってください。

売上表、通帳のコピー、何か買ったときに受け取ったレシートなどを、該当する番号のポケットに入れるだけ!

各ページに詳しい説明が記載されていますので、どのポケットにどの資料を入れればいいか、とても分かりやすくなっています。

「経営分析レポート」とは?

「経営分析レポート」は、グラフや表を多く使い、見やすさ・わかりやすさを重視した弊社オリジナルのレポートです。経営状況の分析ツールとしてお役立てください。

「経営分析レポート」のなかみ

「経営分析レポート」は、全部で15ページあります。
いろいろな角度からとらえられるよう、以下のようなグラフで経営状況を分析しています。

「経営分析レポート」のグラフ(抜粋)

  • 売上と利益の変動
  • 借入金残高の推移
  • 売上の予測
  • 税金の予測 など

お店の経営にどう役立つの?

「経営分析レポート」は、眺めるだけでも十分経営に役立ちます。
また、一歩進んで、「どうして今月は売り上げが伸びたのか」「このままいっても資金繰りは大丈夫なのか」など、気付きを得ていただけたら幸いです。

「経営分析レポート」は書き込み式になっていますので、気付いたことはどんどん書き込んで、経営のアンテナを張っていただきたいと考えています。

赤字経営では続きません。黒字化を目指してほしい、利益を出してお金を貯めてほしい・・・。そんな弊所の願いが「経営分析レポート」には込められています。

最終的には、「どのようにしたらお金が貯まるか」「現時点で従業員を増やしてよいのか」など、経営判断に役立てていただければ幸いです。

数字の羅列「残高試算表」を元に作成しています

「経営分析レポート」は、「残高試算表」と呼ばれる「貸借対照表」と「損益計算書」を元に作成されています。
「残高試算表」は、毎月帳簿の作成と同時に出来ますので、比較的簡単に作成できる資料です。
現在の経営状況を表す「成績表」のようなものなので、毎月分析すれば経営に大変役に立つ資料となります。

しかしながら、残高試算表は数字が並ぶばかりで、読み解くのはプロでも難しいものです。
結果、毎月もらっても役立たず、読み解かれることなく放置されています。

これは大変もったいない、どうにか残高試算表をグラフ化できないか・・・と考えて開発されたのが、この「経営分析レポート」」です。
手間はかかりますが、数字が苦手な経営者様にも経営に対する意識を高めていただきたくて毎月作成しております。

また、より見やすく、より分かりやすい「経営分析レポート」を目指して、今もなお、試行錯誤して改良を加えています。

決算前検討会

決算の1~2か月前になりましたら決算前検討会を行います。 決算前検討会では、年度売上・年度経費・年度利益を予測し、来期に向けての経営計画を立てていただきます。 また、必要であれば節税対策や融資対策のご相談も可能です。

<決算前検討会で検討する事項(例)>

  • 当期の状況分析・税額予測
  • 節税対策・税務対策
  • 保険の契約内容の見直し
  • その他ご相談事項

メール相談

本プランは、料金を極力抑えたプランですので、定期的な訪問や面談は、標準装備しておりません。ご質問がありましたら、メールにてやり取りさせていただきます。
メールですと、ご都合の良いお時間にご相談が出来ますので、お忙しい社長様にはかえってご好評をいただいております。